ε-δ論法,ε-N論法を含めた数学的コンテンツの可視化とアプリケーション開発のブログ

Hello Dream World

作ったもの,感じた事をつらつらと。。。

インディーゲーム「INVERSUS」レビュー

みなさんこんにちは,インディーゲームデベロッパーの嶋津です。

本日は,インディーシューティングゲームの「INVERSUS」をプレイしたレビューを書いきます。

 

そもそもなんでプレイしたのか?

 インディーゲームをプレイするきっかけとなったのはこちらに書いてます。

simanezumi1989.hatenablog.com

 そしてなぜ「INVERSUS」なのかというと,twitterでフォローしている人が面白そうにプレイしていたからです。

 

どんなゲームなの?

こんなゲームです。

youtu.be

簡単にいうとシューティングゲームです。勝利条件を相手を撃破すること。

どうやったら撃破できるのか?

単純に相手に弾を当てれば撃破できます。ただし打てる弾に制限がある(時間が経てば復活する)ので,無駄撃ちはかなりのデメリットです。

特徴は?

何と言っても以下の二つがあげられます。

・自分の陣地内しか移動できない

・弾を撃てば陣地を広げることができる

 

この特徴により,弾を撃つという行為は

 

*メリット

・相手を撃破できる可能性がある

・相手の弾を防ぐことができる

・移動できる陣地を広げることができる

 

*デメリット

・弾切れに近づく=上のメリットが得られにくくなる(相手を攻撃することも弾を防ぐことも,陣地を増やすこともできない)

 

勝手に分析

「INVERSUS」は2Dシューティングゲームをうまく対戦に落とし込んだゲームだと思います。私のよく知っているシューティングゲームといえば「横スクロール」の弾連打のゲームです。

 

INVERSUSにおける「陣地」は横スクロールシューティングゲームにおける「敵と弾」に相当するのではないかと思います。なぜなら

・敵の場所には移動できない。

・弾の場所には移動できない。

・敵を倒すことで,移動場所を確保できる

 

これに,球数制限という点を加えることで,攻撃することはデメリットになるという状況を作り,対戦ゲームならではの戦略性が生まれていると考えられます。

 

感想(ゲーム性の話をしたかったので,感想は簡単に)

高難易度 or 自分が倒せない相手がいると面白いです。ちょっとプレイしたやつを動画にあげたのでよければ見てください。26:00から高難易度があることに気がつき,夢中でプレイしています。

youtu.be

 

 

告知

「INVERSUS(Steam版)」の実況を毎週木曜日22:00からやります(開発者に実況許可や映像の使用許可を取ってやっています)。是非見に来てください!

また,初めはアシスタントと2人でプレイしますが,プレイできる人がいればマルチ対戦もやります。実況者は買って2,3日程度の初心者なので,あまりうまくないという方も大丈夫なので,ぜひ参加してください。

gaming.youtube.com